2007年04月18日

小栗旬、男気溢れる“生ゲンカ”に奮闘中!

クローズは、コンビにで復刻版みたいな感じで売ってますねグッド(上向き矢印)

小栗旬が演じるとどういう感じになるか楽しみですねグッド(上向き矢印)

月刊少年チャンピオンで人気を誇り、現在も続編が連載されてる漫画のオリジナルストーリーを映画化。“カラス”(CROW)と呼ばれる不良少年達が通う高校を舞台に、己を信じた道を突き進む彼らの青春群像劇。ダウンタウン、湘南乃風など著名人からも絶大な支持を得ている。

 オリジナルの主人公・滝谷役の小栗はこの日、学校外のシーンを撮影するため神戸入り。阪神・淡路大震災で被災した神戸市長田区という色濃く残る“下町”で、共演するやべきょうすけらとケンカ、ナンパする場面、商店街で買い物をするシーンを終日収録した。

 小栗は「とにかく(三池)監督は“生”を大切にされている。男気溢れる役者さんも多いですね。台本の変更なども多いのが特徴的ですが、より自然なしゃべりで毎日笑わせてやろう!って気持ちで撮影に臨んでますね」。撮影直前まで出演していたTBS系ドラマ『花より男子2』のヒットもあり、この日も10代の女性ファン200人が囲み、撮影場所から待機場所までは“大名行列”状態に。「本当はそっとしておいて欲しいのですが(笑)。作品からは、不屈の闘志や這い上がるパワーを伝えて行きたいですね」と語った。

タグ:小栗旬
posted by yasunariawa at 17:56 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。